ケガや病気が原因で働くことが出来ない時の対処法

長い人生の中、怪我をしてしまって仕事を休むことがありますよね。

一方、求職中であっても、怪我や病気に見舞われることもあるでしょう。

次の仕事を探したいという気持ちがあっても、体が健康でなければ行動ができませんよね。

今回は、ケガや病気で働けない時の対処法をご紹介したいと思います。

失業保険は病気やケガに対応できない?

求職中に、失業手当の支給を受けながら生活している人の話は結構聞きますよね。

ところで、その期間中に病気等で体調を崩してしまい、療養が必要になった時はどうなるのでしょうか?

まずは、失業保険の視点から対応できるかどうかを見ていきましょう。

・失業保険の制度上の意味から考える
・もしもの時に利用できそうな選択肢とは?

失業保険の受給期間中は、どのような事情でも対応できると思ってしまいがちです。

ですが、万能の制度でないことを今回の記事を通して理解しましょう。

失業保険の制度上の意味から考える

そもそも失業保険は、次の仕事を見つけるための一時的なサポートとして設けられた制度になりますよね。

そのため、求職活動をしている事実がある場合ならば問題ありませんが、何らかの事情でそれができていないとなると、支給がストップしてしまうのです。

条件を満たすには、積極的な求職活動が必要です

よく、認定日があるという話を聞きますが、その日は今後の支給が問題なくできるかどうかに関わっている日になるでしょう。

ですので、ケガや病気が原因で働けないだけでなく、次の仕事を探すことがそもそもできない状態だと、失業保険を活用することができません。

従って、失業保険の申請をしようとしても、断られてしまう場合があるのです。

そうなると、今後の生活をどうしていけば良いのか、不安になってしまいますよね。

その時に思い出して欲しいのが、傷病手当金の仕組みです!

もしもの時に利用できそうな選択肢とは?

みなさんが、病気や怪我で働けない、仕事が探せないという時は、健康保険で利用できる「傷病手当金」を利用しましょう。

この仕組みは、会社員のように社会保険に加入している人が利用できるもので、自営業等の国民健康保険に加入している場合は利用できません。

利用すると、働けない間のお金が支給されることになりますから、生活面での不安を少し小さくすることができるでしょう。

また、雇用保険に加入している人の場合は、もう一つの方法を利用することもできます。

それは、雇用保険で設けている「傷病手当」と呼ばれる仕組みになります。

これは、求職者に対して行われる給付になり、金銭面の設定は失業保険と同等になりますから、申請した方が絶対に良いですよね。

支給の仕組みとしては、求職活動ができない期間が14日以内ならば失業保険の基本手当になりますが、15日以降になると傷病手当に切り替わります。

さらに病気等の状況が長引いてしまい、30日以上になる場合には、このまま傷病手当をもらうか、一旦給付を辞めるかを選択することになります。

仮に一旦給付を辞めた場合であっても、健康を取り戻した時点で受給期間内ならば、その分を受け取ることができますからご安心下さい。

一方で、受給期間には制限がありますから、それを越えてしまうと受給対象から外れてしまうことは覚えておきましょう。

補足ですが、病気のような事情がある場合は、ハローワークで受給期間の延長手続きをしておくと、最長3年延長することができます。

これには事前の手続きが必要になりますが、知っておいて損はないでしょう。

自分の現状を分析してベストなサポートを得よう

求職期間中に関わらず、仕事をしている時でも、病気等で働けない時が出てきます。

その時は、今の自分の状態を客観的に見て、利用できる制度を活用して乗り切るようにして下さい。

例えば、仕事を一時的に休む、退職して一旦休みたいと考えている場合には、健康保険での傷病手当金が利用できるでしょう。

その一方で、求職中に病気等で休まないといけなくなった場合は、雇用保険の傷病手当で対応することができますよね。

特に、いったん退職してしまったような場合は、どうすべきか迷ってしまいます。

病気等が原因で受給対象外になってしまった場合は、まず傷病手当金の利用ができないかどうかを職場に確認してみて下さい。

少しでも生活のサポートが受けられると、病気や怪我の治療にも専念できるようになりますよね。

どのような状況であれ、優先すべきはみなさんの健康状態です。

再び働く、求職活動を行うにしても、「健康であること」はどの職場にも求められている項目ですよね。

通院したり治療を受けたりすることは大変ですが、少し自分の体を休ませる機会として捉えて、ゆっくり休めるような環境を整えましょう。

その際に、今回紹介した制度は、金銭的なサポートになりますから、みなさんの支えになります。

現在はコロナ禍の影響で失業保険等の利用が多く見られる状況ですが、自分が利用する可能性は十分にあります。

今は必要ないと思っている人でも、生活の知恵として知っておくと、困った時に役立つでしょう。

また、みなさんの周りでも困っている人がいた時は、是非このような仕組みや対処法があることを教えてあげて下さいね!

まずは積極的な求職活動が必要です

優良な求人を早く見つけるための裏技

たった一つの裏技で

優良な求人を早く見つけることができます

それは、複数の転職サイトや転職エージェントに登録すること

理由は簡単、非公開求人をたくさん紹介してもらえるから

非公開求人とは、各社独自ルートの求人・他ではGETできない求人

ということは、複数登録することで各社の非公開求人をGETできます

この方法、是非、実戦して下さい!

最大28ヶ月、最大700万円を受給する

通常、3ヶ月しかもらえない失業保険ですが、

社会保険を利用することによって最大28ヶ月に延長する事ができます。

今までに月々支払ってきた、社会保険料が原資となり手当金がもらえます。
※詳しくはこちら→ 社会保険給付サポート

転職サイトや転職エージェントに無料登録しよう

優良な求人を探す方法として
 当サイトでは、

転職サイトや転職エージェントに登録することを勧めています

しかも、登録は無料!!

これには理由があり、これから詳細に説明していきます

きっとメリットを感じて頂けると思いますよ!!

注目の優良求人サイトランキング!

求職・転職希望の方にお勧めしたいサイト

 

ビズリーチ
年収750万以上(30~50代)の転職希望者限定
  • 管理職・グローバル人材向け国内最大級の会員制転職サイト
  • 会員数52万人以上、ヘッドハンター1,300名以上、採用企業社数3,700社以上
  • 会員制ならではの普段あまり見かけない非公開求人やポジションも多数

 

リクルートエージェント
転職業界最大手!安心の実績とサポート体制
  • 転職支援実績№1!!
  • 10万件以上の非公開求人アリ
  • コンサルタントが転職をフルサポート

看護師さんにお勧めしたいサイトNo.1

ナース人材バンク
年間約10万人の看護師転職の実績があり、看護師業界では信頼も厚く、非公開求人も多く抱えてるのが特徴
  • スピーディーな対応と手厚いサポートで満足出来る
  • 幅広くエリアをカバーしている
  • 給料交渉や通勤時間のご相談など全てサポート

20代既卒にお勧めしたいサイトNo.1

エージェントneo
第二/既卒/フリーター/中退/高卒の就職・転職支援
  • 1人あたり平均10時間の手厚いサポート
  • ブラック企業を除外、優良企業のみのご紹介で安心して就活
  • 過去、現在、未来をお伺いし、一緒にキャリアプラン設計

介護士さんにお勧めしたいサイトNo.1

なでしこ介護士
職場への取材で集めたリアルな情報を元に転職ができ、お仕事開始前に見学ができることが特徴

コーディネーターは全員女性

・ワークライフバランスが図れる職場をご紹介

ミスマッチの少ないマッチング

保育士さんにお勧めしたいサイトNo.1

 

保育士コンシェルジュ
保育士と保育園のマッチングに特化した転職支援サポートが特徴

  • 全国の保育園に繋がりがある
  • 満足のいく保育園を見つけやすい
  • 気軽に相談出来るし、とことんサポートが受けられる

 

障害者の方にお勧めしたいサイトNo.1

 

Cocorport
就労支援や自立支援もサポートしているのが特徴
  • 障害者の方に特化している
  • 就労支援や自立支援もサポート
  • 定着率89.7%!

 

各業界の転職経験者のアンケートを元に、おすすめ上位の転職サイト

転職サイトや転職エージェントの登録

とりあえずの登録OK
完全無料
退会自由
無理な連絡はなし​

すべての登録は【完全無料】です

失業・求職・転職者の方
年収アップや限定求人・非公開求人・希望の仕事が見つかる
 
看護師の方
正看護師・准看護師が選んだ年間約10万人の転職実績の看護師転職サイト
既卒・第二新卒の方
正社員での就職・転職を希望する18歳~28歳まで限定
 
介護士の方
未経験者募集〜高収入求人、充実の内部情報も満載
 
保育士の方
全国の保育園に繋がりがあり、お祝い金制度も充実サイト
 

障害者の方
就労支援や自立支援も充実しているサイトが多数あり

失業保険
失業保険を確実に・早く・多くもらえるサイト
タイトルとURLをコピーしました