失業保険のコロナ特例について

厳しいご時世から、「コロナ特例」ができました。

この内容は、現在失業してしまった、あるいはその可能性がある人にとって大事な生命線になりますよね。

こちら、詳しくはどのような内容になっているのでしょうか。 今回は、コロナ特例の内容と対象者について解説したいと思います。

コロナ特例の内容を理解するためのポイント

失業保険のコロナ特例には、色々な内容がありますよね。

そのため、内容が複雑で混乱している人もいるでしょう。

ここでは、そのような人へ向けて内容を理解できるように、ポイントごとに解説したいと思います。

・自己都合退職者へのフォローがされている
・特例措置の対象になると、どのような対応がされるのか?
・すでに給付制限に入っている人も対象に

上記3つのポイントを基に、情報を整理していきましょう。

自己都合退職者へのフォローがされている

そもそも、コロナによる影響はいつ頃から始まったのかを覚えていますか?

早い人だと、2020年度の初旬頃から、中国の報道を目にして不安に思っていたことでしょう。

コロナ特例の内容は、感染が確認された初期の時期に遡り、令和2年2月25日以降に退職した人が対象となります。

この時期は、感染拡大に誰もが敏感になっていた時でしたよね。

具体的な内容は、コロナの影響で自己都合退職をした人でも、「特定理由離職者」として認めてもらえることになります。

ところで、特定理由離職者という用語に馴染みのない人もいますよね。

簡単に解説すると、倒産や解雇等の理由で会社を退職した人を示す用語になります。

これは、転職をするために会社を辞めるといった事情と違いますから、別個の扱いとして考えられますよね。

ですが、コロナによる退職は、果たして自分の都合で辞めたことになるのでしょうか? 退職者の中には、やむを得ずという理由の人もいますよね。

そのような理由の退職者に対してのフォローアップがされるようになったのが、コロナ特例の大きな意味だと考えましょう。

特例措置の対象になると、どのような対応がされるのか?

そして、このコロナ特例が大きく取り上げられたのは、退職理由によって「特定理由離職者」として捉えられることにあります。

特定理由離職者に該当する場合、失業保険の給付区分的には「会社都合で退職した」と判断されますよね。

そのため、手当の給付が3カ月の給付制限期間を待たずに行われますから、すぐに基本手当を受け取ることができます。

このことは、通常時に「自己都合退職」として認められた場合だと適用されません。

これだけでも、コロナの影響で失業してしまった人にとっては、経済的に助かりますよね。

この頃は、コロナによるやむを得ない事情で退職したという人が多く、制度の対応を求める声も多かったです。

該当者にとっては、やっとサポートができたということで待ち望んでいたことだったでしょう。

すでに給付制限に入っている人も対象に

そしてこのコロナ特例は、2月25日以降に退職した人のみが対象になる訳ではありません。

すでに失業関連の手続きをして、後は給付を待つだけの給付制限の期間に入っている人も対象になるのです。

そのため、自分も対象者だと分かった人は、期間が終了するのを待たなくても良いことになりますよね。

このような特例措置は、告知されて以降の人が対象になると思いがちです。

しかし、2月25日を待たずしても失業の認定を受けることができますから、これからの生活をどう乗り切ろうかと悩む時間が無くなりますよね。

自己都合退職でもコロナ特例の適用となるケースを解説

ここからは、どのような理由で自己都合退職した人が、特例の対象となるのかをおさらいしたいと思います。

対象となる人は、以下の事情がある人たちです。

①同居の家族がコロナに感染したこと等で介護や看護が必要になり、退職した場合

②家族に基礎疾患がある、高齢である、妊娠中の人がいる場合に感染拡大防止の観点から退職した場合や、職場内での感染があった場合

③コロナの影響で、子どもの面倒を見なければならず、仕事ができないため退職した場合

上記3つのケースは、会社側の事情で退職したというよりは、自分の家庭の都合等でやむを得ず退職した形になりますよね。

通常時の制度内容だと、判断が難しいケースになります。

ですが、上記3つのケースには、共通点がありますよね。

そう、コロナです。

従って、上記の内容に該当する自己都合退職者の場合は、「正当な理由のある自己都合離職」として判断され、特例が適用されるのです。

コロナが原因で辞めたのに、何も救済がないというのは厳しいですよね。

一方で、通常時の場合でも、正当な理由のある自己都合離職というのは認められています。

例えば、家族の介護や自分の病気で退職した場合には、適用されることがあります。

ですが、コロナのように予期せぬ事態を想定した内容ではありませんから、対象外になる場合もありますよね。

例えば、小学校の休校によって、子どもを見るために退職しなければならないというのは、従来の制度内容では適用されません。

上記の理由で仕事について悩んだ人は、多かったことでしょう。

条件内であるとすれば、保育園等への就学が不可能なため、仕事ができないような時になります。

これでは、ちょっと極端すぎますよね。

退職理由に関しては、コロナの状況からとても柔軟な対応がされています。

まだまだ終息には至っていない状況ですから、自分や家族の生活を守るための知識として覚えておきましょう。

優良な求人を早く見つけるための裏技

たった一つの裏技で

優良な求人を早く見つけることができます

それは、複数の転職サイトや転職エージェントに登録すること

理由は簡単、非公開求人をたくさん紹介してもらえるから

非公開求人とは、各社独自ルートの求人・他ではGETできない求人

ということは、複数登録することで各社の非公開求人をGETできます

この方法、是非、実戦して下さい!

最大28ヶ月、最大700万円を受給する

通常、3ヶ月しかもらえない失業保険ですが、

社会保険を利用することによって最大28ヶ月に延長する事ができます。

今までに月々支払ってきた、社会保険料が原資となり手当金がもらえます。
※詳しくはこちら→ 社会保険給付サポート

転職サイトや転職エージェントに無料登録しよう

優良な求人を探す方法として
 当サイトでは、

転職サイトや転職エージェントに登録することを勧めています

しかも、登録は無料!!

これには理由があり、これから詳細に説明していきます

きっとメリットを感じて頂けると思いますよ!!

注目の優良求人サイトランキング!

求職・転職希望の方にお勧めしたいサイト

 

ビズリーチ
年収750万以上(30~50代)の転職希望者限定
  • 管理職・グローバル人材向け国内最大級の会員制転職サイト
  • 会員数52万人以上、ヘッドハンター1,300名以上、採用企業社数3,700社以上
  • 会員制ならではの普段あまり見かけない非公開求人やポジションも多数

 

リクルートエージェント
転職業界最大手!安心の実績とサポート体制
  • 転職支援実績№1!!
  • 10万件以上の非公開求人アリ
  • コンサルタントが転職をフルサポート

看護師さんにお勧めしたいサイトNo.1

ナース人材バンク
年間約10万人の看護師転職の実績があり、看護師業界では信頼も厚く、非公開求人も多く抱えてるのが特徴
  • スピーディーな対応と手厚いサポートで満足出来る
  • 幅広くエリアをカバーしている
  • 給料交渉や通勤時間のご相談など全てサポート

20代既卒にお勧めしたいサイトNo.1

エージェントneo
第二/既卒/フリーター/中退/高卒の就職・転職支援
  • 1人あたり平均10時間の手厚いサポート
  • ブラック企業を除外、優良企業のみのご紹介で安心して就活
  • 過去、現在、未来をお伺いし、一緒にキャリアプラン設計

介護士さんにお勧めしたいサイトNo.1

なでしこ介護士
職場への取材で集めたリアルな情報を元に転職ができ、お仕事開始前に見学ができることが特徴

コーディネーターは全員女性

・ワークライフバランスが図れる職場をご紹介

ミスマッチの少ないマッチング

保育士さんにお勧めしたいサイトNo.1

 

保育士コンシェルジュ
保育士と保育園のマッチングに特化した転職支援サポートが特徴

  • 全国の保育園に繋がりがある
  • 満足のいく保育園を見つけやすい
  • 気軽に相談出来るし、とことんサポートが受けられる

 

障害者の方にお勧めしたいサイトNo.1

 

Cocorport
就労支援や自立支援もサポートしているのが特徴
  • 障害者の方に特化している
  • 就労支援や自立支援もサポート
  • 定着率89.7%!

 

各業界の転職経験者のアンケートを元に、おすすめ上位の転職サイト

転職サイトや転職エージェントの登録

とりあえずの登録OK
完全無料
退会自由
無理な連絡はなし​

すべての登録は【完全無料】です

失業・求職・転職者の方
年収アップや限定求人・非公開求人・希望の仕事が見つかる
 
看護師の方
正看護師・准看護師が選んだ年間約10万人の転職実績の看護師転職サイト
既卒・第二新卒の方
正社員での就職・転職を希望する18歳~28歳まで限定
 
介護士の方
未経験者募集〜高収入求人、充実の内部情報も満載
 
保育士の方
全国の保育園に繋がりがあり、お祝い金制度も充実サイト
 

障害者の方
就労支援や自立支援も充実しているサイトが多数あり

失業保険
失業保険を確実に・早く・多くもらえるサイト
タイトルとURLをコピーしました