1回目の緊急事態宣言以降、失業保険はどう変わった?③給付制限の短縮

失業保険の手続きをする際、すぐに受給開始される人とそうでない人がいますよね。

これには、みなさんの退職理由が関係しています。

コロナによる特例が適用された場合、給付制限の期間の扱いはどうなるのでしょうか?

自分の給付の開始がいつになるのか、ここでは多くの人が気になる疑問に迫ります!

給付制限の仕組みについて学ぼう

そもそも失業手当の給付が開始される時期が人によって違うのは、給付制限の有無によりますよね。

まずは、給付制限という仕組みの基本知識を押さえておきましょう。

・どのような退職理由の時に設けられるのか?
・なぜ、給付がすぐに始まらないのか?

これは、コロナの状況に関係なく、通常時でも疑問に感じる人が多い内容です。

離職後の生活設計を立てる時に役立ちますから、ここで一緒に学習しましょう。

どのような退職理由の時に設けられるのか?

給付制限は、基本的に自己都合退職の時に設けられる期間になります。

タイミングとしては、失業手当の受給資格が決定し7日間の待期期間の後に、設けられる期間になります。

コロナ前の従来の設定だと、3カ月間です。

「結構長いな」と感じる人もいますよね。

比較するために、会社都合で退職した場合の給付の流れを確認してみましょう。

会社都合で退職した場合、失業手当の受給資格の決定の後、7日間の待期期間がある部分までは同じ流れになります。

ですが、この後からが違います。

待期期間が終了した後は、すぐに給付が始まりますから、お金を手に入れるスピードが違っていますよね。

転職等の理由で自己都合退職した場合でも、お金に困っている状態は同じです。

どうしてこのような違いが設けられているのでしょうか?

自己都合を会社都合と同じ扱いにする裏技

なぜ、給付がすぐに始まらないのか?

自己都合で退職した場合、給付前に3カ月間待たないといけないのは、あくまで「自分の都合で退職した」ということが関係しています。

会社都合で退職した場合は、リストラや会社の経営状態の悪化から倒産したという、自分が辞めたくて辞めたという理由ではありません。

急な離職になることがほとんどですから、生活費を準備する時間すらないのです。

そのような人たちには、早めにサポートをしなければなりませんよね。

一方で、自己都合退職の場合を考えると、自分のタイミングで辞めることが多いですから、その後の生活の準備をする時間が確保しやすいです。

従って、急いで給付をする形でなく、一定期間を設けていると言って良いでしょう。

自己都合退職に該当する場合は、自分の責任の下、これからの生活を考える必要が出てきますよね。

そのため、自己都合退職の時は、離職票をハローワークに提出して手続きしてから、給付までに最短で4カ月かかることになります。

しかし、現在のコロナの状況だと、3カ月間の期間をどうにかすることが困難な人もいますよね。

そのような人に早めのサポートができるように、特例措置が認められました。

給付制限が3カ月から2カ月に短縮!~自己都合による退職者への救済措置~

自己都合退職者の救済として、令和2年10月1日から、給付制限3カ月の期間の短縮が認められました。

1カ月でも早く給付が受けられるとなると、生活面の不安が解消されますよね。

対象となる人は、特例が適用される10月1日以降に自己都合で退職した人になりますから、実際に恩恵を受けている人もいるでしょう。

会社都合退職でない人にもサポートの手が伸びていますが、注意点もあります。

・特例を利用できる回数
・令和2年10月1日以前の退職に関して

全ての人に対してでなく、一部特例の対象外になるケースもあります。

せっかくの特例メリットを活用できるように、確認しておきましょう

特例を利用できる回数

1つ目は、特例の期間短縮が適用できる回数で、「5年間のうち2回」までとルールが決まっていることです。

このルールを理解するためのポイントは、最初に特例を利用した退職日になります。

例えば、令和2年10月10日に1回目の退職後、令和5年7月30日に2回目の退職をします。

その後、令和7年10月27日に3回目の退職をした事例の場合は、最初の令和2年10月10日から、3回目の令和7年10月27日で5年経過していますよね。

このケースの場合は、5年を超えていますから、特例の給付制限の期間短縮の対象になります。

一方で、先程と同じように、令和2年10月10日が1回目、令和5年7月30日が2回目、令和7年9月27日が3回目の退職日になるケースを見てみましょう。

初回の令和2年10月10日から、3回目の令和7年9月27日では、まだ5年が経過していませんよね。

そのため、特例の給付制限期間の短縮のルールからすると、3回目は通常通りの3カ月間待たなければならないのです。

ちょっと複雑かもしれませんが、短縮のメリットを受けるためには大切な計算になるでしょう。

令和2年10月1日以前の退職に関して

また、特例の適用開始が10月1日ですから、前日の9月30日までに退職された人は適用の対象外になります。

さらに、正当な自由のない自己都合退職に関しても、9月30日までは対象外になりますから、通常通りの対応がされることになります。

自分の退職日によって、早期に給付がされるかどうかの分かれ道になりますので、手続きをする際には「退職日」にも注意して進めるようにして下さい。

優良な求人を早く見つけるための裏技

たった一つの裏技で

優良な求人を早く見つけることができます

それは、複数の転職サイトや転職エージェントに登録すること

理由は簡単、非公開求人をたくさん紹介してもらえるから

非公開求人とは、各社独自ルートの求人・他ではGETできない求人

ということは、複数登録することで各社の非公開求人をGETできます

この方法、是非、実戦して下さい!

最大28ヶ月、最大700万円を受給する

通常、3ヶ月しかもらえない失業保険ですが、

社会保険を利用することによって最大28ヶ月に延長する事ができます。

今までに月々支払ってきた、社会保険料が原資となり手当金がもらえます。
※詳しくはこちら→ 社会保険給付サポート

転職サイトや転職エージェントに無料登録しよう

優良な求人を探す方法として
 当サイトでは、

転職サイトや転職エージェントに登録することを勧めています

しかも、登録は無料!!

これには理由があり、これから詳細に説明していきます

きっとメリットを感じて頂けると思いますよ!!

注目の優良求人サイトランキング!

求職・転職希望の方にお勧めしたいサイト

 

ビズリーチ
年収750万以上(30~50代)の転職希望者限定
  • 管理職・グローバル人材向け国内最大級の会員制転職サイト
  • 会員数52万人以上、ヘッドハンター1,300名以上、採用企業社数3,700社以上
  • 会員制ならではの普段あまり見かけない非公開求人やポジションも多数

 

リクルートエージェント
転職業界最大手!安心の実績とサポート体制
  • 転職支援実績№1!!
  • 10万件以上の非公開求人アリ
  • コンサルタントが転職をフルサポート

看護師さんにお勧めしたいサイトNo.1

ナース人材バンク
年間約10万人の看護師転職の実績があり、看護師業界では信頼も厚く、非公開求人も多く抱えてるのが特徴
  • スピーディーな対応と手厚いサポートで満足出来る
  • 幅広くエリアをカバーしている
  • 給料交渉や通勤時間のご相談など全てサポート

20代既卒にお勧めしたいサイトNo.1

エージェントneo
第二/既卒/フリーター/中退/高卒の就職・転職支援
  • 1人あたり平均10時間の手厚いサポート
  • ブラック企業を除外、優良企業のみのご紹介で安心して就活
  • 過去、現在、未来をお伺いし、一緒にキャリアプラン設計

介護士さんにお勧めしたいサイトNo.1

なでしこ介護士
職場への取材で集めたリアルな情報を元に転職ができ、お仕事開始前に見学ができることが特徴

コーディネーターは全員女性

・ワークライフバランスが図れる職場をご紹介

ミスマッチの少ないマッチング

保育士さんにお勧めしたいサイトNo.1

 

保育士コンシェルジュ
保育士と保育園のマッチングに特化した転職支援サポートが特徴

  • 全国の保育園に繋がりがある
  • 満足のいく保育園を見つけやすい
  • 気軽に相談出来るし、とことんサポートが受けられる

 

障害者の方にお勧めしたいサイトNo.1

 

Cocorport
就労支援や自立支援もサポートしているのが特徴
  • 障害者の方に特化している
  • 就労支援や自立支援もサポート
  • 定着率89.7%!

 

各業界の転職経験者のアンケートを元に、おすすめ上位の転職サイト

転職サイトや転職エージェントの登録

とりあえずの登録OK
完全無料
退会自由
無理な連絡はなし​

すべての登録は【完全無料】です

失業・求職・転職者の方
年収アップや限定求人・非公開求人・希望の仕事が見つかる
 
看護師の方
正看護師・准看護師が選んだ年間約10万人の転職実績の看護師転職サイト
既卒・第二新卒の方
正社員での就職・転職を希望する18歳~28歳まで限定
 
介護士の方
未経験者募集〜高収入求人、充実の内部情報も満載
 
保育士の方
全国の保育園に繋がりがあり、お祝い金制度も充実サイト
 

障害者の方
就労支援や自立支援も充実しているサイトが多数あり

失業保険
失業保険を確実に・早く・多くもらえるサイト
タイトルとURLをコピーしました