退職トラブルを回避する退職届の書き方

退職時のトラブルの中には、口頭で済ませてしまったが故に起こり得るものもあります。

“言った・言わない”ということは、後から確認しようにもできません。

それを回避するために、「退職届」があるのです。

こちら、多くの人はどのように作成しているのでしょうか?

気になる書き方を、ポイントごとに整理して覚えましょう。

退職届が必要なタイミングや書き方を確認しよう

始めて退職する場合、提出するタイミングや内容の作成をどうすれば良いのか、その知識が全くありません。

まずは、退職届にまつわる基本事項をいくつか確認していきましょう。

①退職届が持つ意味
②作成・提出するタイミング
③自己都合退職の場合の作成内容
④会社都合退職の場合の作成内容

ここでご紹介した内容を最低限押さえておくと、トラブルを回避して手続きを進めることができます。

退職関連の内容は、人に中々聞きにくい事柄です。

そのような内容だからこそ、ここで一緒に学んでいきましょう。

①退職届が持つ意味

具体的な内容に触れる前に、そもそもの書類の意味を確認しましょう。

退職届は、「退職する意思と日程」が決定した場合に、会社側に提出する書類になります。

つまり、退職の確約だと考えて良いでしょう。

ところで、退職の確約は、口頭でもできると思っている人はいませんか?

確かに、口頭でもきちんと連絡してくれれば良いと考えている会社もあるでしょう。

しかし、口頭で伝えるということは、言った内容を覚えているのは当人同士だけです。

何か手違いが発生した際に、他の従業員が意向を確認することができません。

そうなると、事実の証明が難しくなります。

このような状況を避けるために、会社側、退職希望者側で作成することが重要視されていると覚えておきましょう。

②作成・提出するタイミング

退職届を作成するタイミングは、「具体的な退職日が決まった後」になります。

例えば、2021年4月2日に退職する旨が確定した場合は、その日付を退職届の文書内に記載することになります。

ここで作成された記載内容を基に、会社側で必要な手続きや業務を行っていきますから、周囲の人への配慮にも繋がるでしょう。

また、提出すべきタイミングは就業規則内に記載されています。

作成から提出にかけて、時間にゆとりを持たせていることがほとんどです。

ギリギリになって提出することになると、印象も悪くなりますから、余裕をもって提出でききるように準備しておきましょう。

③自己都合退職の場合の作成内容

ここからは、退職届の作成内容のポイントをご紹介します。

最低限記載する内容は、以下の通りです。

・書き出し(「私議、私事」の記載)
・退職理由
・退職日と文末
・提出する年月日
・所属部署と氏名
・宛名(会社の正式名称、最高執行責任者の役職と名前)

これらは、正式な届け出としての効果を発揮するために、退職日や退職理由について簡潔に記載することになります。

そこで、みなさんが注意すべきは「退職理由」です。

自分から退職をする意向を示した場合、会社への不満が関係していることもあるでしょう。

そのことを、ストレートに記載してしまうのはどうでしょうか?

退職するにしても、綺麗な形で去りたいと思っている人の方が多いです。

最後の最後に、余計なトラブルを生み出してはいけません。

ここは、あくまでも形式的な形で「一身上の都合」という書き方をするようにしましょう。

これならば理由を追及されませんし、会社側も快く受け取ってくれますから、お互いに気持ち良い関係のままでいられます。

どちらの去り方が良いのかは、一目瞭然でしょう。

④会社都合退職の場合の作成内容

ところで、会社都合退職の場合、作成内容はどうなるのでしょうか?

基本的な退職届の構成は、先程の自己都合退職の時と同じですが、「退職理由」の内容がガラリと変わります。

会社都合退職は、労働者本人から退職の申し出があった訳ではありません。

会社の事情により、退職せざるを得ないのです。

従って、退職理由の内容を作成する際は、以下の文言で作成するようにして下さい。

・早期退職のため
・事業所縮小のため
・事業所閉鎖のため

上記以外にも、会社側から退職を勧められる理由がたくさんあります。

その旨を、きちんと記載するのを忘れないようにしましょう。

これを徹底すべき理由は、退職理由のトラブルに発展する恐れがあるからです。

なぜならば、内容を間違えると、自己都合退職として失業保険の対応が進められてしまうからです。

そうなると、本来ならば会社都合退職ですぐに給付が受けられるはずなのに、3カ月が経たないと支給されません。

注意ワードは、「一身上の都合」。

上記の文言は、あくまでも個人の事情で退職する場合に使用されます。

従って、個人に非がない場合は使用してはいけません。

これでは、生活面の不安が生じますし、会社側とのやり取りが複雑化し、しこりが残ったまま退職する可能性が出てきます。

トラブルを避けるためには、予め会社側と話し合い、合意の下で決めた退職理由をそのまま記載するようにしましょう。

退職届作成に関するトラブルとは?

基本的に決まった形式はないものの、退職届で記載する内容はどの会社でも変わりありません。

上記の内容を押さえているならば、問題なく受理されるでしょう。

しかし、作成にあたってトラブルが発生することもあります。

代表的なトラブルは、以下の2つです。

①就業規則の提出期限を守らなかった
②退職希望者に指定フォーマットをわざと渡さない

トラブルが発生するのは、自分のミスだけではありません。

なるべくトラブルを起こさない、巻き込まれないためにも事例内容を知っておきましょう。

①就業規則の提出期限を守らなかった

1つ目は、提出期限のミスです。

これは、会社側が悪いというより、退職希望者のミスが原因で起こっていることがほとんどでしょう。

もしかすると、少し遅れたくらいならば、会社側が融通を聞かせてくれている所もあるかもしれません。

しかし、あくまでもミスはミス。

提出期限を守らなかったために、退職自体が白紙になることもあり得るのです。

これでは、せっかく退職しようと動いている人にとって不利な状況になることが免れません。

さらに、転職先がある程度決まっている場合は、次の職場にも迷惑がかかることが予想できるでしょう。

「物事の提出期限を守る」という認識は、このようなところにまで及ぶのです。

ちょっとくらい見逃して欲しいと思う人もいるでしょう。

ですが、最後の最後でやらかしては、会社側も本人も気分が良くありません。

社会人の基本は、今一度しっかりと守りましょう。

②退職希望者に指定フォーマットをわざと渡さない

2つ目は、悪質な会社で起こり得るトラブル事例です。

先程も少しお話ししましたが、会社によっては指定のフォーマットを利用することが求められます。

通常ならば、希望があった際にデータが渡されるでしょう。

しかし、そうでない場合もあるのです。

それは、会社側が退職を認めない場合に起こります。

退職させないために、あえて会社指定のフォーマットでなければ認めないという規定を作り、それに従わせます。

そして、フォーマットが欲しいと希望する従業員に対しては、わざと渡さないようにするため、そもそも意向を受け入れるつもりがありません。

みなさんならば、この行為に対してどう行動するでしょうか?

人によっては、これ以上トラブルを大きくしたくないということで、諦めてしまうこともあるでしょう。

このような事例は、自己解決が難しい内容になります。

しかし、会社に対して強気で行動するというのは、厳しい人もいるでしょう。

特に、精神面で疲弊している人にとっては、一つ一つの対応に向き合うこと自体がストレスになり兼ねません。

このように些細なことで辛い思いをするのは、損です。

不安な人は、退職コンシェルジュに依頼して、代わりに手続きしてもらいましょう。

会社側も、第三者が入ることで、不当な行動はできなくなります。

仮に「指定フォーマットを渡さない」という態度の会社であっても、しっかりと手続きができるようになるのです。

何より、退職対応のプロがサポートしますから、みなさんが不利になることはありません。

優良な求人を早く見つけるための裏技

たった一つの裏技で

優良な求人を早く見つけることができます

それは、複数の転職サイトや転職エージェントに登録すること

理由は簡単、非公開求人をたくさん紹介してもらえるから

非公開求人とは、各社独自ルートの求人・他ではGETできない求人

ということは、複数登録することで各社の非公開求人をGETできます

この方法、是非、実戦して下さい!

最大28ヶ月、最大700万円を受給する

通常、3ヶ月しかもらえない失業保険ですが、

社会保険を利用することによって最大28ヶ月に延長する事ができます。

今までに月々支払ってきた、社会保険料が原資となり手当金がもらえます。
※詳しくはこちら→ 社会保険給付サポート

転職サイトや転職エージェントに無料登録しよう

優良な求人を探す方法として
 当サイトでは、

転職サイトや転職エージェントに登録することを勧めています

しかも、登録は無料!!

これには理由があり、これから詳細に説明していきます

きっとメリットを感じて頂けると思いますよ!!

注目の優良求人サイトランキング!

求職・転職希望の方にお勧めしたいサイト

 

ビズリーチ
年収750万以上(30~50代)の転職希望者限定
  • 管理職・グローバル人材向け国内最大級の会員制転職サイト
  • 会員数52万人以上、ヘッドハンター1,300名以上、採用企業社数3,700社以上
  • 会員制ならではの普段あまり見かけない非公開求人やポジションも多数

 

リクルートエージェント
転職業界最大手!安心の実績とサポート体制
  • 転職支援実績№1!!
  • 10万件以上の非公開求人アリ
  • コンサルタントが転職をフルサポート

看護師さんにお勧めしたいサイトNo.1

ナース人材バンク
年間約10万人の看護師転職の実績があり、看護師業界では信頼も厚く、非公開求人も多く抱えてるのが特徴
  • スピーディーな対応と手厚いサポートで満足出来る
  • 幅広くエリアをカバーしている
  • 給料交渉や通勤時間のご相談など全てサポート

20代既卒にお勧めしたいサイトNo.1

エージェントneo
第二/既卒/フリーター/中退/高卒の就職・転職支援
  • 1人あたり平均10時間の手厚いサポート
  • ブラック企業を除外、優良企業のみのご紹介で安心して就活
  • 過去、現在、未来をお伺いし、一緒にキャリアプラン設計

介護士さんにお勧めしたいサイトNo.1

なでしこ介護士
職場への取材で集めたリアルな情報を元に転職ができ、お仕事開始前に見学ができることが特徴

コーディネーターは全員女性

・ワークライフバランスが図れる職場をご紹介

ミスマッチの少ないマッチング

保育士さんにお勧めしたいサイトNo.1

 

保育士コンシェルジュ
保育士と保育園のマッチングに特化した転職支援サポートが特徴

  • 全国の保育園に繋がりがある
  • 満足のいく保育園を見つけやすい
  • 気軽に相談出来るし、とことんサポートが受けられる

 

障害者の方にお勧めしたいサイトNo.1

 

Cocorport
就労支援や自立支援もサポートしているのが特徴
  • 障害者の方に特化している
  • 就労支援や自立支援もサポート
  • 定着率89.7%!

 

各業界の転職経験者のアンケートを元に、おすすめ上位の転職サイト

転職サイトや転職エージェントの登録

とりあえずの登録OK
完全無料
退会自由
無理な連絡はなし​

すべての登録は【完全無料】です

失業・求職・転職者の方
年収アップや限定求人・非公開求人・希望の仕事が見つかる
 
看護師の方
正看護師・准看護師が選んだ年間約10万人の転職実績の看護師転職サイト
既卒・第二新卒の方
正社員での就職・転職を希望する18歳~28歳まで限定
 
介護士の方
未経験者募集〜高収入求人、充実の内部情報も満載
 
保育士の方
全国の保育園に繋がりがあり、お祝い金制度も充実サイト
 

障害者の方
就労支援や自立支援も充実しているサイトが多数あり

失業保険
失業保険を確実に・早く・多くもらえるサイト
タイトルとURLをコピーしました