コロナの影響で失業してしまった・・・これからどうする?

失業保険

新型コロナウイルスの感染者は、ますます増えつつあります。

そのせいで、世界各国では健康だけではなく、経済面でも落ち込みを見せるようになってきました。

日本でもそれは例外ではなく、倒産が懸念される会社も増えています。

そんな中、コロナウイルスの影響で失業してしまった時はどうしたらいいのでしょうか?

コロナウイルスの影響

コロナウイルスの影響は、世界中で拡大しつつあります。

2021年4月現在、全世界の感染者数は1.41億人を超えていて、日本でも54.2万人を超す感染者数がいます。(回復者数:48.6万人)

日本は、世界と比べるとそれほど多いようには感じないかもしれませんが、それでも経済に与える影響は少なくありません。

特に大打撃を受けているのが、海外からの旅行者をメインターゲットにしている旅館や飲食店などです。

すでに、訪日客が良く利用している旅館では、廃業している所もあるほどです。

自社工場を中国に構えている会社は、工場を閉鎖することになって商品の製造がストップしている所もあります。

売るための商品がない以上、会社の売上もなくなってしまいます。

この状態が今後も続くと、倒産する会社もかなり増えることになりかねません。

そうなると、失業する人もかなり増えてくるでしょう。

アメリカでは、現在のコロナウイルス感染拡大によって、失業率は昨年4月の14.8%から今年3月の6.0%まで改善したがまだまだ予断は許されない状況です。

日本でも、コロナウイルスのせいで失業率は悪化しています。

特に深刻なのが、三回目となる緊急事態宣言(東京:4/29~5/9で調整)による小中学校の授業を原則オンラインで行うことを検討です。

大阪府は感染拡大を防ぐための実施予定ですが、子どもを見ている人がいない共働きの家庭では、急遽仕事を休むことになったケースもあります。

また、大阪府が実施に踏み切り成果が出れば他県も同様の措置を取ることも考えられます。

小学生の子供を自宅に置き去りして仕事に向かうこともできない環境や不安もありますが、誰もがいきなり仕事を休めるかといえば、そうでもありません。

特に、非正規雇用だと休みが取れず、解雇されてしまうこともあります。

休校が解除されれば再び仕事を探すこともできるでしょうが、それまでは再就職も難しいでしょう。

前回は、子どもの世話などを理由に休業した場合、賃金が補償されるという助成金も新設されましたが今後はどこまで保障してくれるのでしょうか。

これはあくまでも雇用する事業者が申請するものなので、非正規雇用の場合は申請せずに解雇することを選ぶ事業者もいるのではないでしょうか。

この状態がいつまで続くか分からない現状、あまりに長く続くようだと再就職もできずに収入が減ってしまい、経済的に厳しくなる家庭も出てくるでしょう。

そんな時、頼りになるのが失業保険です。

失業した際はどうなる?

これまで働いていた人が失業すると、一定の要件を満たしていれば失業保険を受給することができます。

これは、再就職が決まるまでの間に過去の賃金を基準として、一定の金額をもらうことができるというものです。

一定の要件の中には、雇用保険に加入していること、というのも含まれています。

パートなどで週20時間未満しか働いていない場合は、加入していないこともあるので注意しましょう。

また、原則として過去2年間のうち12カ月以上働いているというのも、給付の要件に含まれます。

失業保険は、基本的に7日間の待機期間があります。

要するに、退職してから7日間は失業保険の給付対象にならないのですが、退職した理由によってはこのあとさらに3か月間給付制限があり、失業保険をもらえるのは4か月後、ということになってしまいます。

2カ月の給付制限があるのは、自己都合退職や自分に重大な過失があって解雇された場合などです。

要するに、自分から辞めると言ってしまうと給付制限がつくのです。

また、この場合は失業保険が給付される日数も短くなります。

給付期間やもらえる金額は、雇用保険に加入していた期間や年齢によっても異なるのですが、その条件からさらに短くなるのです。

会社から解雇された、あるいは会社が倒産したため失業した場合は、この給付制限がなく失業保険をもらえる期間も長くなります。

会社によっては、解雇の場合でも自己都合での退職ということにしてくれ、と言われるかもしれませんが、それを受け入れるかどうかは慎重に判断しましょう。

また、自己都合退職であっても給付制限がないこともあります。

それは、退職したことに正当な理由がある、と認められた場合です。

会社の不当な対応というのも当然これに含まれますが、それ以外にも家庭の事情や体調の問題などで正当な理由と認められることもあります。

つまり、今なら自己都合での退職でも、コロナウイルスの影響で失業することになった、ということであれば、正当な理由として認められる可能性は高いのです。

特に、学校の休校に伴って退職したということであれば、家庭の事情にも当てはまるでしょう。

ただし、失業保険を受給するにはまず、再就職を目指しているという姿勢を見せる必要があります。
具体的には、求職活動をしていることを証明しなくてはいけません。

求職活動として認められるのは、求人に応募する以外にもあります。

ハローワークで職員に相談するだけでも、求職活動の一環として認められるのです。

他にも、資格試験の受験や公共職業訓練、転職エージェントへの相談などが該当します。

すぐに再就職するのが難しいという人は、転職エージェントに相談してみましょう。

求職活動も得られて、今後の予定に関しても第三者の意見を聞きながら考えることができます。

しかし、ハローワークですぐに再就職する気がない、と言ってしまうと、失業保険の受給を一旦停止することを勧められる可能性もあるので注意しましょう。

コロナウイルスへの失業保険の対応は?

現在、コロナウイルスのことを鑑みて、各所で特別対応を講じています。

失業保険に関連して、コロナウイルスの特別対応というのはあるのでしょうか?

現在のところ、一応はあるものの明確ではない、といえるでしょう。

先ほども言ったように、自己都合退職でもコロナウイルスが関係する理由であれば、正当な理由として認められる可能性が高い、というのはありますが、特に明言されているわけではありません。

また、健康上の理由や家庭の都合というのは、元々正当な理由となっているので通常通りともいえます。

しかし、今後該当する事例が増えてくると、コロナウイルス予防の一斉休校によって失業したケースなどには特別対応が決められるかもしれません。

国の施策でも様々な対応を講じているため、長引くようであれば考慮される可能性は高くなるでしょう。

失業保険をもらうには、定期的にハローワークへと訪れなくてはいけません。

しかし、コロナウイルスの感染者が増加しつつある今、人が大勢集まるところは避けたい、という思いもあるでしょう。

また、コロナウイルスに関連して失業したのに、すぐ再就職を目指すのは難しいので、この騒動が落ち着くまで待ちたい、という人も少なくないでしょう。そういう人は、もう少しだけ様子を見ておいても良いかもしれません。

政府の対応によって、その懸念も解消される可能性があります。

まとめ

コロナウイルスが猛威を振るう中、そのせいで失業したという人もいると思います。

その際は、コロナウイルスが落ち着くまで失業保険をもらいながら、待ってみるのも良いでしょう。

“失業してしまった=直ぐに就活”、という選択肢が、特にこの時期は正解でないかも知れません。

もし、問題なくもらうことができるようなら、受給しつつ頃合を見計らって再就職を目指しましょう。

優良な求人を早く見つけるための裏技

たった一つの裏技で

優良な求人を早く見つけることができます

それは、複数の転職サイトや転職エージェントに登録すること

理由は簡単、非公開求人をたくさん紹介してもらえるから

非公開求人とは、各社独自ルートの求人・他ではGETできない求人

ということは、複数登録することで各社の非公開求人をGETできます

この方法、是非、実戦して下さい!

最大28ヶ月、最大700万円を受給する

通常、3ヶ月しかもらえない失業保険ですが、

社会保険を利用することによって最大28ヶ月に延長する事ができます。

今までに月々支払ってきた、社会保険料が原資となり手当金がもらえます。
※詳しくはこちら→ 社会保険給付サポート

転職サイトや転職エージェントに無料登録しよう

優良な求人を探す方法として
 当サイトでは、

転職サイトや転職エージェントに登録することを勧めています

しかも、登録は無料!!

これには理由があり、これから詳細に説明していきます

きっとメリットを感じて頂けると思いますよ!!

注目の優良求人サイトランキング!

求職・転職希望の方にお勧めしたいサイト

 

ビズリーチ
年収750万以上(30~50代)の転職希望者限定
  • 管理職・グローバル人材向け国内最大級の会員制転職サイト
  • 会員数52万人以上、ヘッドハンター1,300名以上、採用企業社数3,700社以上
  • 会員制ならではの普段あまり見かけない非公開求人やポジションも多数

 

リクルートエージェント
転職業界最大手!安心の実績とサポート体制
  • 転職支援実績№1!!
  • 10万件以上の非公開求人アリ
  • コンサルタントが転職をフルサポート

看護師さんにお勧めしたいサイトNo.1

ナース人材バンク
年間約10万人の看護師転職の実績があり、看護師業界では信頼も厚く、非公開求人も多く抱えてるのが特徴
  • スピーディーな対応と手厚いサポートで満足出来る
  • 幅広くエリアをカバーしている
  • 給料交渉や通勤時間のご相談など全てサポート

20代既卒にお勧めしたいサイトNo.1

エージェントneo
第二/既卒/フリーター/中退/高卒の就職・転職支援
  • 1人あたり平均10時間の手厚いサポート
  • ブラック企業を除外、優良企業のみのご紹介で安心して就活
  • 過去、現在、未来をお伺いし、一緒にキャリアプラン設計

介護士さんにお勧めしたいサイトNo.1

なでしこ介護士
職場への取材で集めたリアルな情報を元に転職ができ、お仕事開始前に見学ができることが特徴

コーディネーターは全員女性

・ワークライフバランスが図れる職場をご紹介

ミスマッチの少ないマッチング

保育士さんにお勧めしたいサイトNo.1

 

保育士コンシェルジュ
保育士と保育園のマッチングに特化した転職支援サポートが特徴

  • 全国の保育園に繋がりがある
  • 満足のいく保育園を見つけやすい
  • 気軽に相談出来るし、とことんサポートが受けられる

 

障害者の方にお勧めしたいサイトNo.1

 

Cocorport
就労支援や自立支援もサポートしているのが特徴
  • 障害者の方に特化している
  • 就労支援や自立支援もサポート
  • 定着率89.7%!

 

各業界の転職経験者のアンケートを元に、おすすめ上位の転職サイト

転職サイトや転職エージェントの登録

とりあえずの登録OK
完全無料
退会自由
無理な連絡はなし​

すべての登録は【完全無料】です

失業・求職・転職者の方
年収アップや限定求人・非公開求人・希望の仕事が見つかる
 
看護師の方
正看護師・准看護師が選んだ年間約10万人の転職実績の看護師転職サイト
既卒・第二新卒の方
正社員での就職・転職を希望する18歳~28歳まで限定
 
介護士の方
未経験者募集〜高収入求人、充実の内部情報も満載
 
保育士の方
全国の保育園に繋がりがあり、お祝い金制度も充実サイト
 

障害者の方
就労支援や自立支援も充実しているサイトが多数あり

失業保険
失業保険を確実に・早く・多くもらえるサイト
タイトルとURLをコピーしました