障害者にお勧めの職種②グラフィックデザイナー、webデザイナー

自分の特性に合う仕事は、思わぬところに潜んでいます。
その一つが「デザイナー」職です。
しかし、デザイナー職はセンスや才能がないとなれないと思っている人が多いでしょう。
実は、それらがなくても業務上問題にならないのです。
今回は、障害者だからこそデザイナー職がお勧めできる理由をご説明します。

グラフィックデザイナーやwebデザイナーの特徴を知ろう

デザイナー職と言っても、対象は多岐に渡ります。
今回ご紹介するグラフィックデザイナーやwebデザイナーは、なぜ障害者に向いている職種になるのでしょうか?
ここでは、その理由についてご説明しましょう。

・何を対象にデザインの仕事をしているのか?
・気になる年収事情
・なぜ障害者にお勧めできる職種なのか?

この3点を、早速見ていきましょう。

何を対象にデザインの仕事をしているのか?

まずは、それぞれの職種の業務内容を確認しましょう。

・グラフィックデザイナー
この職種は、写真や動画、イラスト等を同一画面に構成する仕事になります。
情報を視覚的に伝えることがメインになりますので、仕事の対象物は一つに捉われません。
私たちの身近で活躍している場を挙げるならば、ポスターや雑誌の広告、商品パッケージのデザインになります。

これらは、どこでも目にするはずです。
主に、印刷物関連のデザインを担当するのが仕事ですから、自分のデザインが多くの人の目に留まることも夢ではありません。

・webデザイナー
他方で、この職種は「web」と名のついている通り、ウェブサイトのデザイン設計がメインの業務になります。
具体的な業務は、ホームページの作成になります。
いかにして、大勢の人がホームページの内容に興味を持ってもらえるのかを考えて、制作することが求められます。

近年は、どこの企業でもウェブサイトを重要視していますから、社内だけでなく、外注で依頼していることも少なくありません。
一からウェブサイトを作る場合もあれば、既存サイトの大幅改修をすることもあります。

どちらの職種も、対象としている媒体は違いますが、デザインを通して「興味を抱かせる」仕事をしていることに間違いありません。

気になる年収事情

これらの職種の年収は、約300万円~500万円になります。
他の職種から考えると、高望みしなくても安定的な収入が望めると言えます。
しかし、この年収額はあくまでも目安にしかすぎません。

実は、身につけているスキルによって、より高収入を期待できるようになるのです。
どちらの職種でも、必須のスキルには共通点があります。

・マークアップ言語のHTMLやCSSを身につけていること
・IllustratorやPhotoshopが使えること
・web関連の仕事をする場合には、SEOのノウハウを学んでいること

業務にあたり、これらのスキルの習得が前提になりますが、より高度なスキルを身につけられると収入が確実に上がります。
また、年収事情には柔軟な働き方も関係しています。
企業によりますが、フレックスタイム制を導入していることがあり、固定の働き方に捉われません。

さらに、残業なしの企業もありますので、体力的に不安がある人でも安心して働ける可能性があります。
そのため、収入条件だけでなく、精神的、体力的にも無理なく働ける場所を探すことができるのです。
収入以外の条件でも職場を探したい人は、検討してはどうでしょう。

なぜ障害者にお勧めできる職種なのか?

業務内容や年収事情を踏まえた上で、障害者にお勧めできる理由をお話ししましょう。
お勧めできる理由は、3つあります。

1つ目は、一人で黙々と作業ができることです。
デザインの作業は、センスや才能が必要だと思われがちですが、そうでもありません。
確かに、センスが光る人もいますが、それはほんの一握りです。

意外にも、センスがなくても働いていける職種なのです。
実は、デザインと言っても芸術的なセンスまで求められません。
求められるのは、他人に分かりやすく、興味を引くようなデザインを作成することなのです。
極端な話をすると、情報の差し引きが上手い人ほど、大成する仕事になります。

さらに、これらは一人で黙々と作業することが多いため、単独作業を好む人ほど向いているのです。

2つ目は、仕事柄在宅勤務にも対応できることです。
中には、業務への適性があっても、他者がいる環境では集中できない人もいるはずです。
自分の落ち着ける場所で仕事ができますから、環境的な不安を軽くすることができるのです。

自宅だと安心して仕事ができるという特性があるならば、検討してみるべきでしょう。
案外、作業環境に左右されてしまう人は多いですから、軽視してはいけません。
「職場で働く」しかないという考えは、もう古いのです。

3つ目は、1つ目の内容にも関連しますが、人前に出て仕事をする機会が少ないことです。
デザイナー関係の仕事は、クライアント等、他者と関わりながら仕事をするイメージがあります。
そうなると、コミュニケーション能力や人間関係で疲れやすい人は、中々環境に適応できません。

ですが、これらの職種は、他の担当者がまとめた話から指示を受けて、作業に徹することがほとんどです。
そのため、仮に他者との関わりがあっても最低限で済みますから、複雑な人間関係を避けたい人にもピッタリなのです。
必要なスキルの取得には様々な方法があり、未経験でもチャレンジすることが可能ですのでご安心下さい。

障害者が働いても将来性はあるのか?

ここからは、職種の将来性の話をしましょう。
まず、業界全般の将来性の話をすると、今後webデザイナーの仕事が増えやすい特徴があります。
なぜなら、web関連の仕事の幅は広いからです。

例えば、企業用のウェブサイトに限らず、映像やゲーム関連の広告というように、web媒体の仕事は無尽蔵にあります。
他方で、グラフィックデザイナーに可能性がない訳でもありません。
広告関連はwebにシフトチェンジしていますが、まだまだ紙媒体の需要があります。

そのため、皆さんがどちらの媒体で活躍したいかを考えて選ぶと良いでしょう。
どのような分野でも、デザインが不要なことはありませんから、ニーズは常にあると言っても過言ではありません。

また、リモート化が進んでいることで、地方でも業務ができる環境が整えられつつあります。
従来までは、都市部でしかできないと思われていた仕事が、地方に住んでいても実現できるのです。
ですので、「地方に住んでいるからデザイン関連の仕事ができない」、という常識は覆ります。

しかしながら、まだまだ喜べない事実もあります。
実は、これらの職種の障害者雇用のニーズと求人数が追い付いていないのです。
なぜかと言うと、障害者に対して高いスキルを求める文化が根付いていないからです。

確かに、障害者を雇用するとなると、可能な業務や特性への対応が求められますから、健常者と同じような扱いができません。
そうなると、どちらを対象に求人を多く出した方が良いのかは、明らかです。
とはいえ、独学等で高いスキルを身につけている人もいますから、「障害者だから」と考えてはいけません。

近年は、職種的なニーズに高さも相まって、障害者雇用の求人数も増えているのです。
実際に求人を探してみると見つかりにくいと感じる時もありますが、諦めずに探していきましょう。

そして余談ですが、高いスキルを身につけている人ほど、この業界では企業を選びやすくなります。
企業によっては、スキルがあることで重宝されますから、好待遇も夢ではありません。
一度スキルを身につけると、大企業で働くことも可能になりますし、フリーランスとして自分のペースで働くこともできます。

ここまでで、センスや才能がなくても、努力次第で誰にでも活躍できるチャンスのある職種ということが理解できたはずです。
「働きやすい職場を自分が選ぶ立場になる」、という希望を叶えられる職種だと考えましょう!

優良な求人を早く見つけるための裏技

たった一つの裏技で

優良な求人を早く見つけることができます

それは、複数の転職サイトや転職エージェントに登録すること

理由は簡単、非公開求人をたくさん紹介してもらえるから

非公開求人とは、各社独自ルートの求人・他ではGETできない求人

ということは、複数登録することで各社の非公開求人をGETできます

この方法、是非、実戦して下さい!

最大28ヶ月、最大700万円を受給する

通常、3ヶ月しかもらえない失業保険ですが、

社会保険を利用することによって最大28ヶ月に延長する事ができます。

今までに月々支払ってきた、社会保険料が原資となり手当金がもらえます。
※詳しくはこちら→ 社会保険給付サポート

転職サイトや転職エージェントに無料登録しよう

優良な求人を探す方法として
 当サイトでは、

転職サイトや転職エージェントに登録することを勧めています

しかも、登録は無料!!

これには理由があり、これから詳細に説明していきます

きっとメリットを感じて頂けると思いますよ!!

注目の優良求人サイトランキング!

求職・転職希望の方にお勧めしたいサイト

 

ビズリーチ
年収750万以上(30~50代)の転職希望者限定
  • 管理職・グローバル人材向け国内最大級の会員制転職サイト
  • 会員数52万人以上、ヘッドハンター1,300名以上、採用企業社数3,700社以上
  • 会員制ならではの普段あまり見かけない非公開求人やポジションも多数

 

リクルートエージェント
転職業界最大手!安心の実績とサポート体制
  • 転職支援実績№1!!
  • 10万件以上の非公開求人アリ
  • コンサルタントが転職をフルサポート

看護師さんにお勧めしたいサイトNo.1

ナース人材バンク
年間約10万人の看護師転職の実績があり、看護師業界では信頼も厚く、非公開求人も多く抱えてるのが特徴
  • スピーディーな対応と手厚いサポートで満足出来る
  • 幅広くエリアをカバーしている
  • 給料交渉や通勤時間のご相談など全てサポート

20代既卒にお勧めしたいサイトNo.1

エージェントneo
第二/既卒/フリーター/中退/高卒の就職・転職支援
  • 1人あたり平均10時間の手厚いサポート
  • ブラック企業を除外、優良企業のみのご紹介で安心して就活
  • 過去、現在、未来をお伺いし、一緒にキャリアプラン設計

介護士さんにお勧めしたいサイトNo.1

なでしこ介護士
職場への取材で集めたリアルな情報を元に転職ができ、お仕事開始前に見学ができることが特徴

コーディネーターは全員女性

・ワークライフバランスが図れる職場をご紹介

ミスマッチの少ないマッチング

保育士さんにお勧めしたいサイトNo.1

 

保育士コンシェルジュ
保育士と保育園のマッチングに特化した転職支援サポートが特徴

  • 全国の保育園に繋がりがある
  • 満足のいく保育園を見つけやすい
  • 気軽に相談出来るし、とことんサポートが受けられる

 

障害者の方にお勧めしたいサイトNo.1

 

Cocorport
就労支援や自立支援もサポートしているのが特徴
  • 障害者の方に特化している
  • 就労支援や自立支援もサポート
  • 定着率89.7%!

 

各業界の転職経験者のアンケートを元に、おすすめ上位の転職サイト

転職サイトや転職エージェントの登録

とりあえずの登録OK
完全無料
退会自由
無理な連絡はなし​

すべての登録は【完全無料】です

失業・求職・転職者の方
年収アップや限定求人・非公開求人・希望の仕事が見つかる
 
看護師の方
正看護師・准看護師が選んだ年間約10万人の転職実績の看護師転職サイト
既卒・第二新卒の方
正社員での就職・転職を希望する18歳~28歳まで限定
 
介護士の方
未経験者募集〜高収入求人、充実の内部情報も満載
 
保育士の方
全国の保育園に繋がりがあり、お祝い金制度も充実サイト
 

障害者の方
就労支援や自立支援も充実しているサイトが多数あり

失業保険
失業保険を確実に・早く・多くもらえるサイト
タイトルとURLをコピーしました